湯木尚二の現在のお店の名前や場所や評判は?復活までの道のりも!

湯木尚二さんは、元船場吉兆の経営者の一人でした。船場吉兆は廃業されましたが、現在は、北新地にある日本料理 湯木という店名のお店を開業されています。

北新地の日本料理 湯木がどんなお店なのか、場所や評判と、ここまで来るのに大変な苦労をされたのですが、それまでの道のりも見ていきましょう。

湯木尚二の現在のお店の名前は日本料理 湯木!

湯木尚二さんは、さすがは凄腕料理人です。船場吉兆を廃業後ゼロから始めて、現在は、日本料理湯木を4店経営されています。さすが、吉兆をされていただけあって、とても上品な日本料理のお店です。

そして、この設定価格で吉兆の味を頂けるのも嬉しいです。もちろん、高級な日本料理店なので安くはありませんが、吉兆のイメージで言うと、私は一人50000円以上のイメージがあります。

日本料理 湯木のお店はどこにある?

湯木 本店

大阪市、北新地にある日本料理「日本料理 湯木 本店」
大阪市、北新地の日本料理「日本料理 湯木 本店」。ランチでは松花堂弁当をご用意。ディナーでは豊富なコースをご堪能ください。

カウンターと高級な個室があります。

ランチは松花堂御膳 3000円からです。

夜は懐石10000円からです。

住所〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-7-12 ダーリンビル1F

JR東西線「北新地駅」11-43番出口より徒歩2分

営業時間

【昼】 11:30~14:30(L.O.13:30)
【夜】 17:30~22:00(L.O.21:00)

湯木 心斎橋店

心斎橋の和食「日本料理 湯木 心斎橋店」個室は宴会、接待・会食に人気
心斎橋の和食「日本料理 湯木 心斎橋店」。大広間は大人数の宴会に、完全個室は接待・会食におすすめ。松花堂弁当、肉割烹、懐石コースをご用意。

大勢で宴会する時や、ちょっと優雅なランチをするにぴったりなお店です。

ランチは松花堂弁当 3800円からです

夜は松花堂御膳   5800円からです

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋本館 10F

地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」直結

営業時間

【昼】11:00-15:00(L.O 14:30)
【夜】17:00-22:00(L.O 21:00)

湯木 新店

大阪、北新地にある日本料理「日本料理 湯木 新店」
大阪、北新地の日本料理「日本料理 湯木 新店」。旬の食材を使用した会席料理やコースをご用意。季節に応じて、夏は鱧、冬はふぐの鍋を堪能。

カウンターと個室のお店です。

大切な人と特別な時間を過ごすのにぴったりです。

ランチは松花堂御膳 3000円からです。

夜は懐石 10000円からです。

〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島1-5-39 マルタビル1F

営業時間

【昼】 11:30~14:30(L.O.13:30)
【夜】 17:30~22:00(L.O.21:00)

肥後橋 ゆきや。

肥後橋、淀屋橋にある日本料理「肥後橋ゆきや。」
肥後橋、淀屋橋にある日本料理「肥後橋ゆきや。」。各地から厳選した食材に和を取り入れて提供。記念日やお祝いなどのご利用におすすめ!

ちょっとした宴会にもぴったりです。

ランチは松花堂弁当2800円から

夜は懐石5000円から

〒550-0001
大阪府大阪市西区土佐堀1-2-10 山文ビル B1F

京阪電鉄中之島線「渡辺橋駅」より徒歩6分

営業時間

【昼】 11:30~14:00(L.O.13:30)
【夜】 17:00~22:30(L.O.21:30)

お店の名前の由来はもちろん本名

湯木っていうのは、湯木尚二さんの名前であり、吉兆の創業者の名前でもあります。この苗字でお店を開くまでは時間がかかりました。

世間のバッシング

2008年船場吉兆は廃業になりました。

その後、世間のバッシングはひどく大変な時期を過ごされます。家には、食べ残しの鳥の骨が届くなど、たくさんの嫌がらせがありました。

高級マンションから、家賃数万円のところへ引っ越しされます。

08年秋に、外食チェーンのオーナーから、店を手伝って欲しいと言われ、湯木尚二さんは月給15万円で働き始めます。

その後、プラス思考で生きていこうと「株式会社 プラス思考」という個人会社を作られます。

小さなお店で出直し

湯木尚二さんは、やはり自分のお店を持ちたいと思うようになります。2010年の秋に知り合いの不動産業者さんから、6坪のお店を紹介され、ゼロから出直すことにされました。

だけど、その時は本名でお店をされませんでした。お店の名前は、南地ゆきや。微妙に苗字も入っていますが・・・

カウンター6席、テープル4席のスタートでした。吉兆時代の常連さんなどが戻ってきました。

そして、このお店をとても気に入ったお客さんが、北新地にお店を出したらどうかと提案してくれました。

湯木のお店を開業

そして、2011年3月、大阪の北新地に日本料理 湯木を開業されます。今度は、どストライクな名前です。この名前を使ってお店が出来るまでになられました。

元従業員にも声をかけると、戻ってきてくれました。お客さんの喜びを追求する料理をされて、現在に至ります。

当時、ささやき女将と揶揄された元女将さんも、84歳になられました。時々、お店に来られることもあるそうです。お父さんも、お店に主治医を連れてきたこともあるそうです。しかし、昨年、病気で他界されました。

湯木尚二さんは、お客さんも家族もとても大切にされているなと思います。

お客さんの反応は?

お料理はどれも丁寧で上品な味付けですね。

着物姿のお姉さん、きちんとしたプロの接客

ちょっとだけ贅沢な時間を楽しみたい時にどうぞ‼️‼️‼️

尚二さんの料理は、、やっぱり良いんですよ

毎回大満足!季節ごとに訪れたい

お店に足を運んだ皆さんはやはり、満足度が高いです。

なんて言っても吉兆クオリティーですからね。

まとめ

湯木尚二さんは、現在、自分の苗字でもあり、吉兆の創業者の苗字でもある湯木を掲げて吉兆クオリティーのお店を4店舗されていました。

料理も、サービスも吉兆クオリティーを体験できるって本当に素敵だなと思います。

いろんなことがあっても、料理の道を磨いてこられたから今があるんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました