バックステージの焼き芋(阿佐美や いも子)の通販やお取り寄せサイトはここ!

バックステージに再び、阿佐美や いも子が登場します!新型コロナウィルス感染拡大防止の為、焼き芋販売ができなくなった今、通販で購入することができます。

ただし、売り切れている場合もあります。その場合は、ベランダで育てるさつまいももあります。

それでは見ていきましょう。

阿佐美や いも子の通販サイトはここ

私が見つけた、バックステージに出演された阿佐美や いも子の通販サイトは、つくつくのサイトです。さつまいもはこちらでお取り寄せができます。

中身は

安納いも(無農薬 種子島産) しっとり

五郎島金時(慣行栽培 石川県産)超ほくほく

紅はるか(慣行栽培 千葉産) しっとり

紅こがね(慣行栽培 茨城県産)ほくほくの熟成が進んでしっとり感がでています

このうち3〜4種でお入れします。

通常 2000円の品を1500円で販売します。

限定数 30セット

☆ご注意ください。
生いもです!

https://ecsp.tsuku2.jp/viewDetail.php?itemCd=25802200045300

送料は場所によって多少異なりますが、1000円前後です。

もしかしたら、限定数を超えていたり、旬の時期が過ぎているかもしれませんが。

焼き芋の依頼も多かったようです。

ただし、こちらはもう販売は終了しています。

さつまいもをベランダで育てる通販のお取り寄せ!

こんなときだからこそ、自分で食べるものを自分で育てる
さつまいもならほっとらかしで簡単に育てられます。

<ついてくるもの>
・阿佐美やのさつまいもの苗2本(予備で2本お入れします。) 
・袋
・育て方(オリジナルイラスト)
・さつまいもを育てるグループ入会(フェイスブックグループ)
・2セット以上の方はおまけ

<自宅で用意するもの>
・黒土(ホームセンターにあります。)
・水遣り

<その他>
・つるが延びてきます(1〜2mくらい)
逃がす場所がなかったら、ネットに。

・収穫は植えてから約4ヵ月後、葉っぱが枯れてきてから。

・失敗しても大丈夫!潔くつるを食べましょう!

・上手に育てたらさつまいもが1キロくらい作れます。

・2セットお買い上げの方は、おまけがつきます。

https://ecsp.tsuku2.jp/viewDetail.php?itemCd=20095020015412

そう言えば、小学校の時さつまいもを植えて、秋に焼き芋をした記憶があります。それが、ベランダで育てられるんですね!楽しい気がします。

これだの量を自分で作れたら楽しいしいし、美味しいですね。

とてもいいアイディアだなと思います。

阿佐美や いも子さんは行列のできる焼き芋屋さん!

いも子さんは、家事や育児をしながら、軽トラック一台で週3回の出勤で焼き芋を売り100万円を超える売上を挙げられていました。

その秘密は、1時間じっくり焼くことで甘さを最大限に引き出し、無農薬で安心して食べられる、美味しい焼き芋だからです。一本、300円〜400円というのも手頃で嬉しいですね。

ただ好きでやっているのに、目の前で美味しい、ありがとうって言ってもらえる。理想の仕事の仕方だなと思います。

こんな風に仕事ができたら良いですね。

トレードマークは、紅色の帽子と、さつまいものイヤリングです!!

いも子さんの焼き芋はどこで買える?

いも子さんの焼き芋を買うには、公式のホームページやSNSで情報を得るのが一番です。

阿佐美や いも子さんのプロフィールページ
こんにちは。ありがとうと笑顔を受け取りながら地域の絆を育むほくほくスマイルやきいもビジネス講座 主宰 阿佐美やいも子です。2005年よりやきいもの移動販売を始めて、今年で15年目になります。焼き芋屋を開業するには資格も許可も必要ありません。焼き芋を焼く技術とビジネスに必要なノウハウがあれば繁盛店になれます。ほくほくスマ...

いも子さんのツイッター

いも子さんのインスタ

いも子さん、夏はどうしているの?

焼き芋と言うと冬のイメージですね。そしたら、夏はどうしているのか気になりますね。でも、さすがはいも子さん、夏は移動販売でかき氷を販売されていました。なるほど!!

サドルを漕ぐと、かき氷が作れるなんて楽しいですね。

まとめ

バックステージ紹介された、阿佐美や いも子さんの通販サイトはこちらです。

いも子の焼き芋&人力発電かき氷の阿佐美や  無農薬の石焼いもと壷焼きいもの販売、ケータリング
無農薬の焼き芋の販売と石焼き芋、壷焼きいも開業講座をしています。軽トラックやリヤカーでの移動販売やイベント出張、ケータリング、のべ100組が参加した子連れで参加できる無農薬の畑のワークショップ「芋づるプロジェクト」を開催し、年間を通して無農薬の畑にてさつまいもを育てる体験会もしています。移動販売は埼玉県戸田市さいたま市...

この記事を書いたタイミングでは生のさつまいもと、ベランダで育てるさつまいもが販売されていました。

やっぱり、情熱をもって作られた味には人が集まりますね!!

おすすめ記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました