【家賃支援制度】コロナ対策の国の中小企業への支援はいつから?最新情報をわかりやすく!

コロナ対策で、中小企業への家賃支援制度はいつ始まるのでしょうか?また内容はどうなるのでしょうか?

家賃支援制度がはじまるのは、早くても6月中旬から下旬になる見込みです。

詳しく見ていきましょう。

6月4日の情報です。

家賃支援制度はいつからはじまる?早くて6月中旬スタート?

家賃支援制度はいつから始まるのでしょうか?早く始まってほしいのですが、最短でも6月中旬から下旬スタートの可能性が高いです。

家賃支援制度が盛り込まれた第2次補正予算案が5月27日に閣議決定される見込みです。

その後、様々なプロセスを経て国会で審議され可決されるといよいよ申請がスタートします。つまり、国会での予算の成立がいつになるかが重要です。

最大200万円の持続化給付金の時は、4月7日に閣議決定され、4月30日に国会で成立し、5月1日から申請がスタートしました。

つまり、閣議決定後、早くても3週間程度は時間がかかると予想されます。

追記

6月8日に国会に提出される見込みです。国会は17日までなので、中旬には国会で予算が成立する見込みです。

そうすると、次は予算成立後から支給開始までの時間ですね。持続化給付金の場合は、次の日だったかな?持続化給付金の場合は、振り込みまで最短で1週間、長くて1ヶ月以上かかっています。

家賃支援制度の最新情報をわかりやすく

追記 5月27日現在の情報です。

月額上限50万円 半年間 最大で300万円以内

複数店舗を持つ中小企業等は、最大600万円の 給付

対象は、単月の売上が前年同月比5割以上減るか、連続3ヶ月の売上が前年同期比で3割以上減った事業者。

との情報が日経新聞にありました。

現在ある家賃支援制度

現在、コロナ対策の中小企業への家賃支援制度は地方が独自に行っていることがあります。例えば、熊本県は緊急事態宣言で休業要請に協力した企業に、家賃の8割、上限28万円を助成しています。

だけど、新型コロナウィルスの影響を受けた中小企業に対する、家賃支援制度の現状はまだあまりないです。

国が検討している家賃支援制度の現状

最新情報はツイッターを御覧ください。

下記は4月末時点の情報です。

日経新聞によると、安倍首相は4月28日の衆院予算委員会で新型コロナウィルスの影響が長期化した場合に追加の家賃支援を検討する考えを示しました。

なんか、まだまだ遅い感じがしますね。

「長期化した場合に追加の家賃支援を検討する」というレベルなので、当面は融資で耐えて下さいということになります。

家賃支援制度の内容や金額は?融資が前提?

家賃支援制度の内容や金額について現段階で検討されている内容を簡単にまとめます。

自民党案

テナントが金融機関から借りた資金の返済について、家賃分をテナントに助成するという仕組みです。

つまり、まず、事業者が金融機関から融資を受ける必要があります。そしたら、国が家賃分を助成してくれるという形になります。金額については家賃分の全額なのか一部なのか、上限金額があるのかなどはまだ明らかになっていません。

これは、アメリカの給与保護プログラムの仕組みを参考に考えられています。アメリカの場合は、事業者が融資を受け雇用を維持すれば、給与や、家賃などの支払いに当てた部分の返済が免除されるという仕組みがあります。

自民党案は、融資が条件になる家賃補助制度です。

この問題点は、融資を受けられないところには家賃補助もないということだし、家賃補助のためだけに融資を受ける人が増えると、融資の手続きの時間がさらに長くなってしまう可能性があります。

家賃支援制度の野党案は?

野党は共同で、すでに支援の具体策を固め、法案を衆議院に提出しました。

内容は、政府系金融機関が家賃を支払い、テナントの支払いを猶予するという形です。

こちらは、事業主にすると基本的に家賃の借り入れということになりますね。

現在の情報では、この借入とセットなのかどうかはまだ判別していません。

まとめ

新型コロナウィルスの影響の家賃支援制度について見てきました。

国レベルの家賃支援制度の申請が始まるのは、6月中旬から下旬だと推測できます。

内容も、与党案だと融資とセットで、その際に家賃が補助される仕組みで検討されています。金額については、全額なのか、一部なのかわかりませんが、恐らく全額補助もないし、上限金額の設定もあると見ておくのが良さそうです。

融資とセットかどうかは今の所不明です。

月額上限50万円 半年間 最大で300万円以内

複数店舗を持つ中小企業等は、最大600万円の 給付

対象は、単月の売上が前年同月比5割以上減るか、連続3ヶ月の売上が前年同期比で3割以上減った事業者。との情報があります。

タイトルとURLをコピーしました