【ありえへん世界】牛追い祭りは楽しそう!なぜこうなった?

ありえへん世界で、かなり意外な牛追い祭りが取り上げられるそうです。

放送前なので詳細は分かりませんが、きっと意外な形に変化した後の牛追い祭りが映るんではないかなと想像しています。この牛追い祭りだけを見ていると、なんだか楽しそうで遊んでいるだけのようにも見えちゃいます。

さっそく見ていきましょう。

ありえへん∞世界で、牛追いまつりが登場!

ありえへん∞世界で、牛追いまつりが登場します。

おそらく、このありえへん牛追い祭りが出てくるんじゃないかと思います。

その前に、以前までの牛追いまつりの動画がこちらです。

[みゅう]牛追い祭り(サン・フェルミン)

興奮した牛が疾走しています。人間が逃げたり、追いかけたりしています。殺気立っていて、観客も盛り上がり、とてもスリリングがあります。勇気の証明でもありました。

だけど、負傷者や、抗議する人もたくさんいました。

そして、最近では牛追い祭りは変化しつつあります。

Spain: The running of the balls – Mataelpino swaps bull run for giant balls

牛の代わりに、大きなボールに牛のイラストが書いてあります。

なんかみんな楽しそう。大人も子どもも遊んでいる感じですね。

生きるか死ぬかの迫力は無くなりましたが、これだと確かに安全です。

だけど、これだと見物のお客さんは少なくなりそうです。

ただし、本当の闘牛がなくなったわけではなく、一部でこのような形で開催されているようです。

そもそも牛追い祭りとは?

牛追い祭りの映像をテレビで見たことはありますが、牛追い祭りの由来とか意味って何なんでしょうね?

もともとは、12世紀にスペインの祭礼として牛追い祭りが始まったそうです。闘牛の前に行われていたんですって。

雄牛に対して崇拝精神をもっていて、宗教的な意味がありました。単なる娯楽やコマーシャルではなく、しっかり信仰心があったんですね。

牛追い祭りはいつ開催される?

牛追い祭りが開催されるのは、7月7日から14日の朝に行われます。スペインのサン・フェルミン祭のなかの儀礼です。

朝8時にスタートします。

道幅5m位の道を、825メートル走ります。思ったより短い距離で、3分位で走り抜けてしまうそうです。

祭り自体は長く楽しめますが、牛追い祭りは結構一瞬です。

まとめ

牛追い祭りは、宗教的な重要な行事です。雄牛は崇拝されていました。だけど、本当の牛を使うと負傷者や死亡者が出ると問題になっていました。

そこで考えられたのが、牛ではなく、ボールを使う牛追い祭りです。

だんだん社会が変化し、安全に厳しい世界になってきたということですね。

本当の牛追い祭りを見られるのも、そう長くない可能性もありますね。

おすすめ記事

タイトルとURLをコピーしました