所さんお届けモノです、日本一辛い豆腐「鬼壺豆腐」って何?製造元や賞味期間、ネット販売や価格について

所さんお届けモノです、日本一辛い豆腐「鬼壺豆腐」がどんなものなのか気になります。豆腐が日本一辛いってどういうことなんでしょうね。

鬼壺豆腐がなんで辛いのか、賞味期限や製造元、食べた人の感想、ネット通販の価格について調査しました。

所さんお届けモノですで紹介された日本一辛い鬼壺豆腐とは?

鬼壺豆腐は日本一辛いと言われています。

なぜ辛いかと言うと、赤唐辛子の10倍の辛さがある黄金一味を使用しているからです。唐辛子と言うと、赤いイメージですが黄金一味とは名前の通り黄金色です。

だから、鬼壺豆腐は赤くないのにめちゃ辛い豆腐になっています。

鬼壺豆腐の食べ方は?

そのまま食べるか、醤油を垂らして頂けます。

また、辛いので、マーボー豆腐などにしてもいいですね。

賞味期限は?

冷蔵で3日となっています

鬼壺豆腐の製造元はどこ?

鬼壺豆腐の製造元は、有限会社徳永豆腐店です。

大正時代に創業の代々続くこだわりのお豆腐屋さんです。

広島県、江田島の島の駅、豆ヶ島と言うお店も運営されていおり、ここで鬼壺豆腐や、その他の豆腐、豆乳ソフトクリームや大豆うどんなどのお食事も頂けます。

入り口の鬼が面白いですね。きっと、ここから鬼壺というネーミングがされたんでしょうね。

住所:広島県江田島市大柿町飛渡瀬601-13
電話:0823-40-3038
営業時間:11時から16時
駐車場:無料あり
定休日:火曜日

鬼壺豆腐の感想や口コミ評判を調査!

みなさん、やっぱり辛いと言われていますね。

他にも、汗だくになった、くせになる、辛いけど美味しいっという感想が多いです。

鬼壺豆腐のネット販売はこちら

広島県の江田島に行くまでに食べたいという方は、味の坊通販というところで購入することができます。

販売価格 562円

内容量 250g

送料 660円

味の坊通販/あまから手帖鬼壺豆腐

まとめ

所さんお届けモノですで紹介された、日本一辛い豆腐、鬼壺豆腐。辛さの秘密は、黄金一味でした。

豆腐好きで、辛いものが好きな人には、一度トライしてみたい豆腐ですよね。

広島県江田島で購入できますが、通販もあります。

タイトルとURLをコピーしました