アンドロイドsayaとは何?開発者のテルユカにも迫ります!

sayaというアンドロイドがリアルな女子高生でびっくりです。テルユカという夫婦ユニットが制作したのですが、開発の動機も気になります。今回、情熱大陸にもテルユカが登場します。

sayaってどんなアンドロイドなのか、製作者のテルユカがどんな人達なのかに迫ります。

アンドロイドのsayaとは何?

アンドロイドのsayaとは、簡単に言うとパソコンの中でCGで人に見えるように作った作品です。

見た目がリアルです、声がリアルです、表情がリアルです、人がプログラミングするのではなくて、自動で動きます。

ディズニー映画の動物がリアルに描かれていることがありますが、あれの人間版プラス自動で動くというイメージに近いなと思っています。

そして、sayaは2018年の講談社のオーディションでミスiD2018 ぼっちが、世界を変える賞を受賞しています。ミスidとはアイドルやアイデンティティという意味があります。

それでは、sayaの動画を見ていきましょう。

ミスiD 2018 saya 050-2 /132

sayaのプロフィール

Saya サヤ

2月29日生まれ

年齢 永遠の17歳?

155cm / B77 W58 H80 

将来の夢:人間同士みたいに、みんなと喋ったり友達になること

チャームポイント:左目の下のホクロ

最近起きたウレシイ出来事:ミスiDに応募できたこと

好きな映画:まだ見たことありません。

好きなアーティスト、音楽:まだよく分かりません。

好きな本:ソフィーの世界

「これだけは人に負けない!」というもの:負けず嫌いなところ

人生でこれだけは経験しておきたい」こと:ちょっと先だけど、東京オリンピックを楽しみたい!

好きな言葉:幸せ!

https://miss-id.jp/nominee/6494

今後は、人じゃなくてアンドロイドが広告や、案内や、様々な案内をする世界がくる可能性が高いですね。

そしたら、人が要らなくなっちゃいますね。

アナウンサーとかもCGでできちゃう世界になるんでしょうかね??

sayaアンドロイドの生みの親はTELYUKA!開発動機は?

リアルすぎる女子高生CGとも呼ばれる「Saya」の生みの親は、3DCGアーティストユニット「TELYUKA」(テルユカ)さんです。夫婦で活動されています。

3人並んでいると言われても違和感を感じる人はいないんじゃないかなと思うほどの、sayaのクオリティーの高さを感じますね。

石川晃之・友香夫妻

2011年から夫婦でフリーランスでTELYUKA(テルユカ)として活動を開始されました。

夫の石川晃之さんは、なんと独学でCGを取得され、後に会社を立ち上げられました。そこに、面接に来たのが、後に奥さんとなる友香さんだったんですって。

その後、二人はハリウッドで活躍することを目標に活動をされます。

そのために、海外のポータルサイトに、CGを作っては有料の添削を受けたりされていました。

後に、日本人は日本人の作品を作るのが上手なはず、そして、女性目線で女性を作ったらということでsayaの制作がはじまります。

試行錯誤の末、靴下の毛玉も表現するくらい丁寧なアンドロイドsayaが誕生しました。

人がアンドロイドに似せた

【4K】アンドロイドのお姉さん SAORI はじめてのトークイベント(東京ゲームショウ2017でバズったアンドロイド美女です)#アンドロイドいた

CGでどうやって、自然な人に似せようかと考えられているなか、人がどうやってアンドロイドに似せようかと考えモデルをされている人がいます。

それが、高山沙織さんです。京都産業大学を卒業して、アンドロイドモデルをされています。こうやって見ると、可愛い女の子ですが・・・

View this post on Instagram

ほろよいで酔えるコスパ最高型。

A post shared by SAORI (@saotvos) on

高山沙織さんは、アンドロイドのsayaに似ていると話題になっていました。

sayaのアンドロイドは高山沙織?

そして、高山沙織さんはsayaに似せたツイッター画像もアップされています。これが、本当にそっくりなんです。

私は、最初、高山沙織さんがアンドロイドのモデルなのかと思ったら、偶然だったようですね。

まとめ

sayaはテルユカがCGで制作した、17歳の美少女アンドロイドでした。これまでは、男性目線で作られたアンドロイドが多かったですが、夫婦ユニットとということで、女性目線でも作り込まれたリアルなCGに仕上がっていますね。

今後、CGでリアルな人が描けるようになると、ドラマも、映画も、案内も、ゲームも、CMも、先生も、様々なところで変化がありそうです。

アンドロイドの世界は、もうすぐそこまで来ている感じですね。

タイトルとURLをコピーしました