ナント大聖堂でなぜ火災?原因は放火?事故?現在の様子を調査!

フランスのナント大聖堂で火災が発生したニュースが話題になっています。

なぜ火災が発生したのか理由が気になりますね。

ナント大聖堂の火災の原因は放火なのでしょうか、事故なのでしょうか?

ナント大聖堂の火災は現在は鎮火したのか見ていきましょう。

ナント大聖堂で火災が発生!鎮火したの?

フランスのナント大聖堂で火災が発生しました。

ナント大聖堂の火災の通報は午前7時44分で、午前9時現在も燃え続けているというニュースがありました。

建物中央の内部にかなり激しい炎が見えます。

これだけ激しく燃えるとすごく心配になりますね。

ナント大聖堂の現在は鎮火

地元のニュースを見ると、ナント大聖堂の火災は約2時間で消し止められました。

この映像を見ると、内部は黒焦げになっていますが、外観はある程度保たれているようです。

ノートルダム大聖堂のように、崩れ落ちるところまで火災が広がらなかったのが不幸中の幸いですね。

ナント大聖堂の火災の原因は放火?事故?不始末?

ナント大聖堂の火災の原因も気になりますね。

今の所原因については明らかになっているニュースは見当たりませんでした。

今後のニュースで分かるかも知れません。

一般的に、このような建物の火災の原因は限られています。

例えば、日本の金閣寺は放火で燃えたことがあります。

ノートルダム大聖堂の火災は、電気系統が原因か、たばこの不始末が原因の可能性があると言われています。

日本の首里城の火災も、電気系統からの火災の可能性が高いが、出火原因や位置の特定まではできませんでした。

仮に、たばこや電気系統の火災だったとしたら、消火システムがうまく作動しなかったのか気になりますね。

追記

ナントの大聖堂の火災が放火の疑いで捜査が始まっているというニュースがあります。

ただし、まだ結論ではありません。

ナント大聖堂は美しい!

ナント大聖堂って、外観も美しいなと思いますが、内観も美しいですね。

ナント大聖堂は、フランス、ペイドラロワールのナントにあるローマカトリック教会です。

見るからに歴史的な建物のイメージがあります。

建築年数を見るとびっくりしました。

1434年に建設が始まり、完成まで457年を要したと言われています。

何世代にもわたり連携して建築されたんですね。

内部の美しさがよく分かるyoutubeもありました。

Saint Peter and Saint Paul Cathedral Nantes France

これからまた、長い道のりをかけて復旧されるんだと思います。

オルガンが焼けたそうですが、ショックです。

ナント大聖堂でなぜ火災?原因は放火?事故?現在の様子を調査!:まとめ

ナント大聖堂で火事が発生しましたが、現在は鎮火しています。

大聖堂の内部に大きな被害があったようです。

火災の原因はこれから特定されていくと思いますが、通常このようなケースの火災は、放火、電気系統からの火災、タバコの不始末が可能性としては考えられます。

だけど、火災の原因が特定できないこともあります。

世界の宝物は大切にしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました