福室文美さんのwiki風プロフィールと経歴、お仕事や家族について

福室文美さんは元タカラジェンヌで退団後、英国に渡りシュガークラフトと出会われました。まあ、そのシュガークラフトの美しさが素晴らしいです!

それでは、福室文美さんの若い頃の宝塚の様子や現在の職業について見ていきましょう。

福室文美さんのwiki風プロフィールと経歴

福室文美(ふくむろふみ、1964年1月26日 – )は、日本のシュガークラフトアーティスト。元宝塚歌劇団花組娘役。東京都千代田区出身。実家は代々着物デザインと呉服販売。普連士学園高等学校、宝塚音楽学校を経て宝塚歌劇団。退団後10年間イギリス留学。そこで、シュガークラフトの資格を習得し、現在シュガークラフトアーティストとして活躍中。

さすが元タカラジェンヌだけあって、雰囲気がとても美しいですね。

福室文美さんの若い頃は宝塚歌劇団の娘役

福室文美さんは宝塚の時は75期生、花組の娘役でみずき愛として活躍されました。

75期生は、1987年に宝塚音楽学校に入学、89年に卒業、宝塚歌劇団に入団し、『春の踊り -恋の花歌舞伎-』『ディガ・ディガ・ドゥ』で初舞台を踏んだメンバーです。

退団は1996年でした。

画像や動画を探したんですが、見つけられませんでした。

福室文美さんの現在のお仕事(職業)は?

シュガークラフトっと聞いたことありますか?

私は今回始めて知りました。砂糖でできた工芸品です。とても繊細でエレガントな感じがして素敵です。

福室文美さんは、シュガークラフトを英国で学び、英国で教室を始められました。

日本の美的センスと英国の美的センスが合わさったんですね。

その後、数々の賞を受賞されました。

ウェディングケーキの作成をしたり、審査員をされたり、執筆をしたり、教えたり様々な活動をされています。

結婚や家族について

ご本人のどこかのサイトで旦那さんと男の子2人の家族構成と書いてあるのを見かけました。

ご本人のホームページでこちら

ご本人のインスタグラムはこちら

ご本人のツイッターはこちら

まとめ

福室文美さんは二度の成功をされました。一度はタカラジェンヌになられたこと、そしてもう一つはシュガークラフトに出会われたことです。

本当に、気品あふれるエレガントな方だなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました