【聲の形の主題歌】aikoの恋をしたのは合っていないの声がたくさん!なぜそう感じる?

聲の形

聲の形の主題歌が合っていないと感じる人がたくさんいます。なぜ、aikoの「恋をしたのは」は聲の形の映画に合っていないと感じる人が多いのでしょうか?

だけど、この歌が神で、この歌を聴くために映画に行くという人がいるくらい人気の主題歌でもあります。

とてもおもしろい現象が起きていますね。

詳しく見ていきましょう。

聲の形の主題歌があっていなという声がたくさん!その理由は?

感想を見ていると、aikoのソングはラブソングだから主題歌として合っていないと感じる人が多いですね。

反対に言うと、聲の形は、硝子と石田の恋愛映画ではないと捉えている人が多いということですね。

たしかに、聲の形は単なる恋愛映画より、もっともっと深くて、どうやって生きていくかを表現しているから感動するのだと思います。

ラストは、孤独な石田がみんなと繋がりを感じ、涙するという感動的なシーンですもんね。

主題歌 「aikoの恋をしたのは」はどんな歌?

aiko- 『恋をしたのは』music video

いま降るこの雨 遠くは晴れている

だからすぐに逢えるね

aiko 恋をしたのは

聲の形の主題歌「恋をしたのは」はこんなフレーズから始まる歌です。

今は辛いけど、この先は、晴れていて、すぐに逢えるねと恋する女性の気持ちを表している感じがしますね。

タイトルも恋がテーマになっています。

aikoの恋愛ソングは、女性の気持ちを表現したものが多いです。

だけど、aikoの歌は単に恋愛だけじゃなくて、深い気持ちが表現されています。

ねぇ前向いて あたしはここにいるでしょ?

だからもう泣かないで

心が割れたときも特別な日々をくれた

aiko 恋をしたのは

落ち込んでいる男性を励ますような歌詞になっていますね。

この歌詞は、硝子や親友の永束友宏や友人たちが、石田に伝えたいメッセージだなと想いました。

孤独だった石田は、受け入れ合える仲間がいると感じたからこそ、文化祭でみんなと一緒に回って欲しいと伝えることができました。

aikoの歌を恋愛だけと考えると、確かに聲の形の恋愛部分だけを表現しているように思えて合っていないと感じるかもしれません。

だけど、aikoの歌を恋愛だけでなく、更に深い部分があると考えると、聲の形のように恋愛の裏側のテーマも感じ取ることができます。

この辺の捉え方によって、聲の形の主題歌に合っているか、合っていないかと感じる分かれ道になっていると思います。

aikoの主題歌を肯定的に捉えた人の感想は?

aikoの歌を高く評価する人もやっぱりたくさんいますね。

そういえば、aikoって花火って歌もありました。すごく懐かしいです。

aiko- 『花火』music video

【聲の形の主題歌】aikoの恋をしたのは合っていないの声がたくさん!なぜそう感じる?:まとめ

聲の形の主題歌のaikoの恋をしたのはが合っていないと感想をアップしている人が結構たくさんいます。

その理由は、aikoの歌を恋愛ソングと捉えている方が多いからだと思います。

だけど、聲の形が単なる恋愛映画じゃないと捉えるのと同じように、aikoの歌詞を捉えることが出来ると、聲の形とaikoの主題歌がマッチしていると思えるようになります。

まあ、映画や音楽は人によって捉え方が違って当然ですけどね。

タイトルとURLをコピーしました