接触確認アプリの名前はcocoa(ココア)?何時からダウンロードできる?

本日から開始される、接触確認アプリの名前は何で、何時からダウンロードできるのか気になりますね。

新型コロナウィルス感染拡大防止のために、日本でもアプリを使って自分が感染者の近くにいたら通知されるサービスができました。

接触確認アプリの名前があるのか、何時からダウンロードできるのか、接触確認アプリをダウンロードするメリットやデメリットを見ていきます。

PS iphoneのダウンロードはこちらです。

接触確認アプリの名前は?

アプリをダウンロードする時に、アプリの名前を検索しないといけません。その時に、名前がわからないと検索できませんね。

残念ながら、厚生労働省のページを見てもアプリの名前がはっきりしません。

「接触確認アプリ」というのが、一般名詞なのか、固有名詞なのか判断がつきにくいですね。

ただ、一部の情報ではcocoaという名前がありました。

接触確認アプリのダウンロードは何時からできる?

接触確認アプリの開始日は6月19日から開始されます。時間についての言及はありませんでした。

厚生労働省のページを見ると、6月19日の午前5時50分現在で、アプリのインストール方法は6月中旬となっています。

残念ながら当日の早朝にもまだページが更新されていません。今までのケースで予測すると、持続化給付金などは午前10時頃から開始されていました。

今回も、それくらいになるのかもしれませんし、アンドロイドやアップルが決めるならアメリカ時間に合わせてで時間が遅くなるのかもしれません。

接触確認アプリのメリットとデメリットは?

メリット

接触確認アプリのメリットは、自分が感染者の近くにいた時に情報を受け取り、体調管理や、相談が早くできます。国民の6割位が使えば効果が上がるとテレビで言っていました。

今後、他府県の人の移動も増えてくるので、感染拡大防止のために重要なツールだと思います。

デメリット

接触確認アプリのデメリットは、個人的にはバッテリーがどうなのかなと心配です。Bluetooth経由で常時他人のスマホとやり取りをするようなので、バッテリーがすぐに減ってしまわないかな・・・とりあえず使って様子を見ます。

個人情報については、現在の発表が正しければ自分の位置がすべて筒抜けになっているといったことはないそうなので一応信用しています。

ちなみに、スマホやグーグルの設定次第では、接触確認アプリとは関係なく、自分が知らないところで常に電話の中に位置情報が残っているケースがあるので注意して下さいね。

接触確認アプリのまとめ

接触確認アプリの名前は、一般名詞か固有名詞なのかわかりませんが、今のところ、接触確認アプリと検索するか、cocoaと検索するのが良さそうです。

時間については不明です。午前10時ころにやってみて、駄目ならもっと遅くにやってみるしかありません。日本政府の依頼でもアプリ公開の時間までは指定できるのは謎です。

新型コロナウイルス接触確認アプリ COVID-19 Contact-Confirming Application
新型コロナウイルス接触確認アプリ COVID-19 Contact-Confirming Applicationを掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました