ジルジレットの副作用、薬じゃないから副作用はないって本当?

ジルジレットを飲むと副作用って本当のところ大丈夫なんでしょうか?そんな疑問ありますよね。この記事ではジルジレットの副作用について書いていきます。ジルジレットの「副作用」ってあると私は感じているんですよね。それが問題かどうかは別にして。

ジルジレットは食品扱いなので副作用はない

副作用というと、医療行為を行った場合に、本来望む結果以外に現れる作用です。大概の場合は、悪影響をさしています。ジルジレットの場合は、薬ではないし、医療行為でもないのでいわゆる副作用という概念は存在しません。

ただし、公式ホームページには、アレルギーについての注意事項はあります。

原材料に「米、芋、乳、イチゴ、オレンジ、パイナップル、とうもろこし」を原料とするものを使用しています。アレルギーの恐れがある方は、飲用をお控えください。

食品だから、アレルギーがある方には注意が必要なんですね。私の場合は、特にアレルギーはないので問題ありませんでした。

セロトニンの過剰摂取はセロトニン症候群になる?

ジルジレットは食品ですが、セロトニンを体内で作るための配合を考えられています。そして、普通、気持ちが沈んだり、不安になるときはセロトニンが足りないから、それを補うためにはちょうどいいです。

ただ、もし仮にセロトンが多すぎたらどうなってしまうのでしょうか?セロトニンは多くなると、セロトニン症候群という症状が起きます。

セロトニン症候群の症状は、興奮、発熱、神経過敏、痙攣、重症の場合は昏睡といった状態になるそうです。ただし、それは薬でセロトニンを増やそうとした場合に、ごくまれに起きる症状です。

ジルジレットの場合も、通常1袋から2袋を毎日飲み続けるとは問題ないようです。ただし、毎日10袋飲むときっとダメだと思います。まあそりゃそうですよね、食品だから大丈夫と言って、毎日アイスクリーム10個づつ食べていたら絶対に体壊すと思います。

私が感じるジルジレット怖い副作用とは?

基本的に、ジルジレット最高だと思います。気分が落ち着きます。今日も夜寝る前に1袋飲んで寝ようと思います。

だけど、しょうもうないこと言っていいですか?

ジルジレットを飲むと食欲が増します。というより、私の場合は気分が落ちているときは、緊張状態のような感じになるので食が細くなります。だけど、気分が落ち着くと、食欲が増し、顔もお腹も大きくなるのが悩みの種です。笑

その分、運動をしたり、睡眠時間をしっかり確保するようにがんばります。睡眠不足は食欲を助長させるそうなので・・・

それについては、こちらの記事てまとめていますので御覧ください。

スポンサーリンク
adsense




adsense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense