鳥飼茜の大学は京都市立芸術大学!実はあの学部がないんです。

鳥飼茜さんがセブンルールに出演されます。鳥飼茜さんは、リアルな漫画を書かれる方ですよね。漫画って言うと感性豊かな方が多いのかなと思いきや、感性だけでなく、知的さも必要なんですね。鳥飼茜さんが行かれた京都市立芸術大学ってかなり知的な大学です。今回は、鳥飼茜さんの大学について見ていきましょう。

鳥飼茜の大学は京都市立芸術大学!実は漫画学部はありません

鳥飼茜さんの大学がどこかなと気になって調べていました。そしたら、カンテレの紹介欄にしっかり書いてありました。

鳥飼茜さんは、高校卒業後、京都市芸術大学に入学されました。

だけど、面白いことに実は京都市立芸術大学にはマンガ学科はありません。

京都市立芸術大学にある学科は?

京都市立芸術大学には主に、美術学部と音楽学部の2つあります。鳥飼茜さんは美術学部に進まれたのは間違いなさそうですね。

そして、美術学部美術科には、日本画専攻、油絵専攻、彫刻専攻、版画専攻、構想設計専攻、デザイン科には、ビジュアルデザイン専攻、環境デザイン専攻、プロダクトデザイン専攻となっています。

鳥飼茜さんは、何を専攻されたんでしょうね。謎です。漫画とは随分かけ離れている感じがします。

ツイッターにこんな投稿があるのも見つけました。

京都市立芸術大学って入試は難しいの?

京都市立芸術大学の入試ってどれくらいなの難易度なんでしょうね。

偏差値で言うと55前後です。

最近の募集要項を見ると、美術科の募集人員は70名と少ないです。

そして、入試はセンター試験が500点満点、実技が描写、色彩、立体、で750点満点です。

ということで、頭が良くても実技ができないと入学できません。

そして、市立大学ということで難易度も高いです。

鳥飼茜さんは、難関の大学を突破されていたんですね。漫画が学べる大学は、他にも短期大学などがありますが、鳥飼茜さんは美術をしっかり学ばれて漫画家になられたんですね。

京都市立芸術大学の場所は?

京都市立芸術大学は、京都市の西の端にあります。正直、何でこんなところに創ったんだろうって思います。

〒610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6

そして、実は京都市立芸術大学は令和5年度に京都駅近くに引っ越し、新しいキャンパスが建てられることが決まっています。

まとめ

鳥飼茜さんは、京都市立芸術大学に通われました。そして、実はこの大学にはマンガ学科などはなく、本格的な美術を学ぶ大学です。しかも、京都市立なので、入試の難易度も高いです。そんな大学に通われていた鳥飼茜さんは、かなり優秀な方だったんですね。

おすすめ記事

タイトルとURLをコピーしました