池江璃花子選手の復帰時期はいつ?最短で2021年4月は可能か??

競泳の池江璃花子選手が退院され、再びプールにも入れるようになりました。池江璃花子選手の復帰時期が段々と現実味を帯びてきました。

個人的には、2021年4月の日本選手権に復帰できる可能性もあるんじゃないかと期待しています。

NHKでも池江璃花子選手が特集されます。

この記事では、池江璃花子選手のプロフィールや復帰の時期の考察についてまとめてみました。

池江璃花子選手がNHKの番組に出場されます!

日本の水泳界のエースの池江璃花子選手が突如として、病に倒れ入院を余儀なくされたのが2019年2月でした。

それから一年以上の治療で、嬉しいことに池江璃花子選手がプールに入って泳ぐ姿が見られるようになりました。

入院してしばらくは、日本中が本当に心配しましたが、不屈の精神でここまでこられて本当に良かったです!!

池江璃花子選手のプロフィールと日本記録

池江璃花子 いけえ りかこ

2000年7月4日生まれ

東京都江戸川区出身

所属 ルネサンス と 日本大学

池江璃花子選手の華々しい水泳歴

水中出産

生後3歳から水泳を始める

2014年3月 ジュニアオリンピック出場 50m 100m自由形で短水路中学記録 50mバタフライでも優勝

2014年 日本選手権に中学生として50m・100m自由形、50mバタフライに出場

2016年 リオデジャネイロオリンピック 7種目出場 100mバタフライ5位入賞

2017年 日本選手権で史上初5冠

2018年 6個の日本記録を更新

同年    アジア大会で史上初6冠 大会最優秀選手

池江璃花子選手の日本記録

長水路

50m 自由形    24秒21

100m 自由形   52秒79

200m 自由形 1分54秒85

50m バラフライ 25秒11

100m バタフライ 56秒08

その他リレーでも日本記録のメンバー入り

短水路

50m 自由形    23秒95

100m 自由形   51秒62

200m 自由形 1分52秒64

50m バラフライ  24秒71

100m バタフライ 55秒31

100m 個人メドレー 57秒75

その他リレーでも日本記録のメンバー入り

まあ、とにかく抜群の強さです。しかも、自由形だけでなくバタフライでも、個人メドレーでも圧倒的な強さです。

池江璃花子選手の闘病から回復まで

池江璃花子選手の日本記録をご覧いただいたとおり、圧倒的強さで、もちろん東京オリンピックも期待がかかる中での、本当に突然の病でした。

ご本人や、家族、水泳関係者、みんながびっくりしたし、心配しました。病名は白血病でした。

2019年2月12日 病気を発表

こんなこともありました。

そして、池江璃花子選手の投稿にみんなが心配しました。

そして、2019年12月17日 待ちに待った退院です。

そして、2020年3月17日 406日ぶりのプール

池江璃花子選手の復帰時期はいつ?

池江璃花子選手の祖母は、水泳なんてやめても良いと言われていました。そりゃ、孫の命ほど大切なものはないから、そうなりますよね。

だけど、池江璃花子選手の強い姿がまた見たいと思う人もたくさんいます。

池江璃花子選手の復帰時期はいつ頃になるのでしょうか?

白血病の場合は、退院後も半年から数年、薬を飲まないといけないそうです。筋力も劣るようです。だから、その間、激しい運動は難しいと言われています。

池江璃花子選手は、東京オリンピックの次の2024年のパリ五輪を見据えておられます。

そうすると、遅くとも2024年4月のオリンピック選考を兼ねた日本選手権では完全に復活していなければいけません。でも、直前の復帰というのもないと思うので、2023年4月には強さが戻っていて、世界選手権などでも活躍していてほしいです。

治療が順調に進み体調が回復したら、2022年4月の日本選手権には出場するでしょう。

池江璃花子選手に無理はして欲しくありませんが、もし、さらに順調に回復したら2021年4月の日本選手権にも種目を絞って様子見のエントリーができる可能性もゼロではないんじゃないかなと個人的には期待しています。まさか、東京2020が延期になったから、それも狙っているということはないと思いますが・・・

まとめ

池江璃花子選手のプロフィールや復帰の時期の可能性について見てきました。

現在は、プールにも入れる状態に回復されました。そして、またテレビで取り上げられるくらい活躍することで、同じ病気の人々にも勇気を与えたいという力強い使命感をもって日々過ごしておられます。

池江璃花子選手の復帰を見て感動や、興奮できる日が来るのは間違いないと思います!!

タイトルとURLをコピーしました