ハサミアジサシのクチバシの秘密とは?ハサミアジサシのヒナの動画がかわいい!!

ハサミアジサシという、クチバシが大きい変わった鳥がいます。そのクチバシは、餌を採る時にとても便利になっていました。

今回は、ハサミアジサシの特徴に迫ります。

ハサミアジサシとは

ハサミアジサシは大きな立派なクチバシがあり、特に下のクチバシが、上のクチバシより長いです。

くちばしがオレンジでとてもキレイです。

カモメ科に含まれる鳥類です。

ハサミアジサシには、クロハサミアジサシ、アフリカハサミアジサシ、そして、シロエリハサミアジサシの3種類います。

ハサミアジサシのくちばしの使い方は?

くちばしとは、鳥類の採食器官です。あごが突き出て、口周辺が板のように固くなったものとされています。

人間で言うと、唇が伸びて、固くなったようなものですね。

だけど、鳥類は食べ物を丸呑みするので、くちばしは歯とは違います。むしろ、空気穴があるので、鼻に近いとも言えます。

また、くちばしは、食べるだけでなく、手を使えない鳥にとっては、毛づくろいをしたり、物をつまんだり、攻撃したり、求愛したり、ヒナに餌を上げたりと様々な役割を持っています。

ハサミアジサシは、下の大きなくちばしを水面下に入れながら飛行し、魚をとります。

この姿がかっこいいです。

ハサミアジサシの性格は?

ハサミアジサシはとても頭がいいなと思います。

浜辺でヒナを育てている時に、ワシが来ました。

ワシは、ヒナを狙う危険な敵です。そんなとき、ハサミアジサシは一羽で戦わずに、集団になってワシの周囲を回って威嚇します。

ハサミアジサシは集団で力を合わせる習性をもっています。

力を合わせるというのは、自然界のやり方なんですね。

自然から学ぶことがたくさんあるなと思います。

ハサミアジサシのヒナが可愛い 

Black Skimmer Chick Eats Needlefish 2012

ハサミアジサシのヒナが大きな魚をくわえているのが可愛いです。

下手くそなのに、一生懸命大きい魚を食べています。

ヒナの羽がモフモフであたたかそうですね。

そこに、少し大きいヒナが横取りに来ますが、親のハサミアジサシが守ります。

そういうドラマが鳥の世界にもあるんですね。そういえば、私は猿に餌をあげている時に同じような状況に出くわしたことがあります。自然界には横取りがあるんですね。

ハサミアジサシのネットの反応は?

自然界は、本当に不思議なものですね。

変わった形をしていたり、美しい色合いやシルエットだったり、だけど、それが生きていく上で必要なようにできている。それが自然の偉大さだなと感心します。

まとめ

ハサミアジサシの特徴は、くちばしが大きいことです。それは、水面で餌を取る時に便利になるように機能しています。

ちなみに、ハサミアジサシのヒナの動画には癒やされます。

タイトルとURLをコピーしました