半沢直樹3話のキャストに吉沢亮と片岡愛之助が出演!あらすじやネットの反応は?

半沢直樹あらすじ・感想

半沢直樹2020の3話のキャストに二人の出演で盛り上がりました。

その一人が、敏腕プログラマーの高坂圭役で国宝級のイケメン吉沢亮さん。

もう一人が、金融庁の役人の黒崎駿一役として片岡愛之助でした。

半沢直樹3話のあらすじや、二人の活躍ぶりやネットの反応をまとめていきます。

半沢直樹3話の簡単なあらすじ!

半沢直樹は電脳の買収を阻止しようとスパイラルのアドバイザーに就任しました。

そして、スパイラルがフォックスを逆買収することで、スパイラルの株価を吊り上げ、電脳に買収されないようなプランを立てます。

だけど、東京中央銀行がそのプランを邪魔するために、金融庁やマスコミにリークをして東京セントラル証券を追い詰めていきます。

半沢直樹3話の山場は、金融庁の黒崎駿一の調査でした。

フォックスの逆買収をするために、半沢直樹はフォックスの内部資料を極秘に手に入れます。

黒崎はその資料を探すために、半沢直樹のパソコンの隠しファイルの存在を見つけ、パソコンを操作します。

そこで、スパイラルの敏腕プログラマーの高坂圭の登場です。

高坂圭は、黒崎に隠しファイルにアクセスされる前に急いで外部から侵入し、ファイルを削除することに取り掛かります。

手に汗握る感じでしたが、高坂圭はぎりぎりやり遂げました。

なんとか資料がバレずに済んだと思ったら、社長室のシュレッダーでファイルの内容が黒崎にバレてしまいました。

半沢直樹が黒崎の追求を受けている時に、森山とフォックスの社長の郷田が入ってきて、郷田が半沢直樹に資料を提出したということで、なんとか黒崎は引き下がりました。

だけど、どうやら黒崎には別の狙いもあったようですが、それは4話に続きます。

スパイラルはフォクスとの提携や、マイクロディバイスの支援も受けてアマゾンに匹敵する会社になっていくと記者会見で述べられると、スパイラルの株価は急上昇し、電脳が思っていた株価よりも高くなったところで、3話は終了です。

4話で、東京中央銀行が無理な追加融資をしてでも買収を成功させようと企てますが、その結果がどうなるか楽しみです。

というか、ネタバレはしているんですけどね・・・

吉沢亮の活躍ぶりがすごい!国宝級のイケメン!

吉沢亮さんは、半沢直樹のスピンオフ、盗まれたパスワードには出演したけど本編には出演しないと思われていたのですが突然出演することがわかってどんな役だろうと期待されていました。

個人的には、スピンオフととてもきれいに繋がっていて嬉しかったです。

吉沢亮さんは、高坂圭としてスピンオフでは、敏腕プログラマーとして大活躍しました。

今回も、半沢直樹のパソコンに外部からアクセスして、黒崎に見つかる前に見事データーを削除しました。

時間がないから社長に「うるせー」って叫んでました。

その時のネットの反応も面白いです。

高坂圭のプログラマーの件は原作にはないんですが、見事な脚本で見応えがありました。

きっと、吉沢亮さんの出演はこれで最後なのかな?

おネエキャラの金融庁の役人黒崎駿一を片岡愛之助が演じる!

片岡愛之助さんが、オネエの口調とちょっと変な癖で半沢直樹に迫ります。

どんな癖かというと、こんな癖です。

部下が少しでも歯向かうと、急所を鷲掴みにします。

半沢直樹って、ちょいちょい、こういう遊びが入っています。

これって、実際はどれくらい掴んでるのか気になりますが・・・

片岡愛之助さんは、歌舞伎俳優ですが、なんかのインタビューで、おネエキャラを断ったって書いてあった記憶があります。

女形とオネエは違う!

ということだったのですが、結局は一緒に造っていこうということで出演されました。

でも撮影では、愛之助さんやりすぎって言われたこともあったそうですよ。

メイキングも見たいですね。

↑のサイトではラジオで黒崎さんの声が聞けますよ!

半沢直樹3話のキャストに吉沢亮と片岡愛之助が出演!あらすじやネットの反応は?:まとめ

半沢直樹の3話のあらすじは、スパイラルによるフォックスの逆買収VS銀行の刺客でした。

一時はハラハラしましたが、3話の終わりでは、半沢直樹やスパイラルが優勢です。

吉沢亮さんのプログラマー姿はめちゃかっこよかったです。

片岡愛之助さんのおネエキャラは、この先も何回か見られそうなので楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました