半沢直樹2020の6話のネタバレありのあらすじと感想!見逃し配信をチェック!

半沢直樹見たい

半沢直樹2020の6話が放送されました。

今回も、片岡愛之助さん演じる金融庁の黒崎や、その部下役の宮野真守さんが話題でした!

放送前は宮野真守さんの股間が危ぶまれましたが、セーフでした!!

それでは、半沢直樹6話について簡単にまとめていきます。

半沢直樹の6話のネタバレありのあらすじ

白井大臣が東京中央銀行へ出向くが敵に回すことになる

前回半沢直樹が、タスクフォースと面会しましたが、その時に銀行の債権放棄は断ると告げていました。

それに対して、国土交通大臣の白井は、東京中央銀行に出向き頭取に圧力をかけてきました。

白井大臣は、債権放棄の稟議書は誰が書くのかと尋ねると、半沢直樹が手を上げました。

しかし、半沢直樹は素直に大臣の言うことを聞き入れるタイプではありません。

それにより、銀行は政府の圧力に追い込まれていくことになります。

金融庁の黒崎が東京中央銀行へ金融庁監査に

国土交通大臣の白井の親分である幹事長は、金融庁に東京中央銀行に監査に行くように圧力をかけました。

その監査は、黒崎が行く予定ではなかったので、あれっと思いましたが、結局担当者が変わり、黒崎が監査にやってきました。

そこで、黒崎のオネエ口調が炸裂します。

監査の内容は帝国航空の融資が正当であったかの調査です。

その調査で、黒崎は半沢直樹に、金融庁に提出した書類と実際に発表された書類が異なるのはなぜかと言う指摘を受けました。

ちなみに、今回は座っての調査だったので、黒崎が歯向かった部下の股間を握るという演出はありませんでした。

半沢直樹は調べましたが、その資料がありませんでした。

以前の担当者である、曽根崎は帝国航空の部長にお願いして帝国航空のミスのせいにしようとしました。

だけど、結局、半沢直樹によって曽根崎は帝国航空の部長に無理やり嘘を言わせていたことがわかりました。

その嘘が暴かれ、今回土下座をしたのは、曽根崎でした。

頭取は真実を報告して金融庁から業務改善命令の処分を潔く受けることにしました。

帝国航空の人員削減案がうまく言ったと思ったら・・・

半沢直樹は政府系金融機関のつてで、帝国航空の受け入れ先のLCC航空を紹介してもらいます。

その際、なんと東京セントラル証券時代の森山が転職をしていて、その担当者になっていました。

LCCは便数を増やすので人員が必要になるということで話がうまくまとまりました。

と思ったら、国土交通大臣は半沢直樹のプランを邪魔するために、LCCの新規路線の認可を認めず、人員の受け入れが無理になってしまいました。

このように、半沢直樹の計画は政府の圧力により次々と邪魔をされていくことになります。

その続きは次回です。

半沢直樹2020の6話の感想!

半沢直樹の6話にも突っ込みどころがたくさんあって楽しかったです。

おネエキャラの黒崎の顔芸は見事でした。

その部下の宮野真守が登場した時は、存在感があって結構盛り上がったのですが、セリフはありませんでした。

宮野さんの股間は守られてよかったですね!

帝国航空のリストらの受け入れ先には、帝国重工とかトキワ自動車とか、日曜劇場の別のドラマの名前のオンパレードでした。

曽根崎が悪者というのは原作とは変わらないのですが、結構アレンジしてあって楽しかったです。

またまた土下座シーンもありました。

大和田さんといえば、今回は沈没の言い方が印象的でした。

もはや大和田さんは半沢直樹の敵ではありませんね。

何か楽しませてくれる役DEATH。

頭取が業務改善命令を受けるのは原作では、最後のシーンなのですが、ドラマでは結構早く持ってきたなと言う印象です。

半沢直樹6話の見逃し配信はあるの?

半沢直樹2020の6話の完全な見逃し配信は残念ながらありません。

パラビであらすじのみの放送があります。

半沢直樹2020のその他の話数のあらすじなどはこちらの記事を御覧ください。

タイトルとURLをコピーしました