ハケンの品格2の1話のネタバレありの感想!中村海人の人気が凄い!

ハケンの品格2がやっと始まりました。新型コロナウィルスの影響で放送がどうなるかという心配もありましたが、放送が始まって嬉しいです。

ハケンの品格は2007年に視聴率は、18%〜26%と大ヒットになりました。今回も、大前春子の聞いたことないような資格で、どんな風に事件を解決していくか楽しみです。

それでは、1話のネタバレありの感想を見ていきます。

ハケンの品格2 1話のネタバレありの感想

いよいよはじまりました!!

初めは、派遣社員の不安定な事情説明から始まりました。そして、リアルに年収まで出ていました。リアルを追求しているなと思います。

大前春子の登場は、前回とほとんど同じでした。笑

だけど、主題歌は、やっぱりコミカルなダンスで楽しいです。

大前春子が、全然上司に媚びないし、自分の実績は忘れたと言うし、お茶のおかわりを入れずに12時にちょっきりになったら昼休みに行くし・・・笑

とっくりとくるくるパーマの再会も良いですね!

今回の大前春子の仕事は、ロシア企業との商談の通訳をすることでした。そして、大前春子の今回の資格は、船の運転でした!!

いつもまさかの資格が楽しみです。

ところが、大前春子は船を変なところに停泊させて、商談をほったらかして、水上スキーで、セクハラを訴えた同僚のハケンを逆に監禁した人事部に立ち向かいました。

扉に鍵がかかっていたので、ここでチェンソーが登場です。なるほど、ここでチェンソーかと思いました。

そして、伏線で大前春子が何故か七輪を持っていました。

ネットではみんな、なぜ七輪と思っていましたが納得の理由がありました。七輪でロシア人をもてなして商談が成立しました。

このドラマは、結構日本の風刺も入っていますね。

「桜を見る会には行きません!」笑

ハケンの品格の第一話は、楽しかったです。

予告編を見ていて、次回も楽しみになりました。

ハケンの品格2の1話のネットの反応は?

中村海人のネットの反応

ハケンの品格で、ドラマの放送日前からすごく注目されていたのがジャニーズJr.の中村海人さんです。熱狂的なファンが多いです。

中村海人

役 三田貴士 新入社員の役です。

中村海人 「本編では新入社員という事もありまだ自分を出せていない三田ですが、Huluオリジナルの『ハケンの珍客』では、僕も意外だった、“仕切りたがり屋”な一面など三田貴士の個性が出ています。 部署に誰もおらず、三田、裕太郎、亜紀、小夏しかいない状況だからこそ見る事のできる表情が多く詰まっているので、本編とのギャップにも注目してください!」

オリコンニュース

まとめ

13年ぶりにハケンの品格の続編が放送されました。

ハチャメチャなスーパーハケン、大前春子やってくれますね。なかなか会社で思っても出来ないことを、スカッとやってくれます。

ネットの反応を見ていても、面白い、待ったかいがあったという声がたくさん上がっていました。

タイトルとURLをコピーしました