ハケンの品格のオープニングの絵画は自由の女神?その理由や意味を考察!

ハケンの品格

ハケンの品格のオープニングの動画で、ラストが絵画のような終わり方をしたポーズが特徴的で印象に残りました。

どこかで見たことのある絵画だけど、どこだったか思い出せなかったので調べてみると、フランスの自由の女神の絵画でした。

ハケンの品格でなぜ自由の女神が出てくるのでしょうか、その理由や意味を考察していきます。

ハケンの品格のオープニング動画のラストが絵画のようだと話題に!

画像の引用は公式の動画より

ハケンの品格のオープニング動画がかっこいいと話題でした。

東京ゲゲゲイのきれきれのダンスと篠原涼子さんのコラボが楽しいです。

そして、その最後のシーンってやっぱり印象的ですよね。

大前春子が書類を手に持ちかかげています。

東京ゲゲゲイのメンバー四人が大前春子を囲み、敬っているような感じに見えます。

これだけでも美しい構成になっていますね。

だけど、これどこかで見たことがあるような気がしませんか??

ハケンの品格のオープニングの絵画は自由の女神みたい!

フランス革命をモチーフにした絵画です。

民衆を導く自由の女神が描かれています。

ハケンの品格の絵画と似ていますね。

自由の女神が大前春子で、ゲゲゲイのメンバーが民衆という感じです。

ちなみに、東京ゲゲゲイのメンバーもドラマの中でちょくちょく出てくるのも面白いですよね。

東京ゲゲゲイのメンバーが普通の人の姿で自然に出てくるから油断していると気が付かない時もあります。

普段のメイクが特徴的ですからね。

ハケンの品格でなぜ自由の女神像をモチーフにしたの?

ハケンの品格で、自由の女神像が出てきているなんて普通は思わないですよね。

どんな意味があるんだろう?

色んな人に、それぞれの解釈があると思います。

私なりに考えてみると、大前春子は会社に縛られず、人にも媚びずに、自分の仕事に誇りを持って活躍しています。

その他のハケンのメンバーは、会社や上司に逆らわず、ハケンが切られないようにおびえている感じで描かれています。

フランス革命は、簡単に言うと、身分制度などを廃止し、自由、平等を手に入れる革命でした。

ハケンの品格は大前春子が、会社での身分の違いをなくし、社員が自由平等に活躍できる社会に導いているように描いているのかなと思いました。

ハケンの品格では、社会を風刺する描写がたくさん出てきています。

派遣社員、コネ入社、日本沈没、桜を見る会、カルロス・ゴーン・・・

いつも何かのメッセージをユーモラスに暗示してメッセージを伝えるドラマだなと思います。

ハケンの品格のオープニングの絵画は自由の女神?その理由や意味を考察!:まとめ

ハケンの品格のオープニング動画のラストが絵画のようだと話題になっていました。

なにかの絵画に似ているなと思ったら、自由の女神でした。

派遣社員が自由平等に活躍できる社会ということを表現しているんだろうなと思いました。

派遣社員と社員、部下と上司、社員と会社、様々ななことを含めて、人が自分らしく活躍できる社会を目指したいですね。

東京ゲゲゲイと篠原涼子のかっこいいオープニング動画についてはこちら

タイトルとURLをコピーしました