【一律10万円】麻生副総理の自己申告制のネットの反応は?賛否両論!でも実際は・・・

一律10万円支給に対して、麻生副総理の自己申告制がネットで大きく批判されています。麻生副総理の話し方は、ちょっと誤解されるような、上から目線の発言なので仕方ないなと思います。

この記事では、麻生副総理の一律10万円の自己申告制のネットの反応について見ていきます。

麻生副総理の一律10万円の自己申告制とは?

麻生太郎財務相は17日に「一方的に支給するのではなく、要望される方、手を挙げる方に配ることになる」と、給付が自己申告制になるとの見方を示した。

今まで一律10万円支給されるものと思っていたら、手を挙げたら10万円になると言ったことがネットで大きく話題になりました。

主には反対や怒りの意見が多いです。

だけど、肯定的な意見もありますし、私は、麻生副総理の自己申告制は役所的に考えたら正しいやり方だと思います。

例えば、税金の申告も申告制です。

10万円を欲しい人が手を挙げることと、一律申請では、ほとんど同じ意味で国民の不利益はないと思います。

欲しい人は申請をすればいいし、余裕があって10万円なんていらないよという方は申請しなければ良いのです。

10万円自己申告制のネットの反応は?

と言っても、ねっとではかなりの怒りの声があがっているのも事実です。様々な声があるのは良いことですが、麻生副総裁や安倍首相が必要以上に叩かれている気もします。

まあ、気持ち的にはどれもわかるものではありますが・・・

麻生副総裁の自己申告制に批判的意見

・09年の時も自己申告制で3ヶ月かかった、また繰り返し?

・どけち、国民に金を出したくないのか

・10万円くださーいって言わないともらえないんだろWWW

・この、貧乏人に仕方ねえからめぐんでやる的態度。

・血税を自分たちの金だと本気で考えてるんだろうな

・結局は給付したくない人間の言い訳

・自己申告制にしないように声を上げよう

・自己申告制で役所に人が殺到する

・麻生副総裁、自己申告させていただきます。

・マイナンバーは送りつけてきたのに

・後で寄付をしたい人は寄付をすればいい

麻生副総裁の自己申告制に肯定的意見

・自分で手続きしないと財布にお金が入るわけでないから当たり前

・ウェブや郵送で済むなら自己申告制が一番

・それでいいよ。「10万円で何を買おうかな」って言ってるやつに払わなくていい、すぐに生活費に当てないとだめな人にだけ支給しろ

・勝手に10万円が振り込まれる国って、社会主義じゃない?

今後、10万円の給付はどんな流れでいつ決定する?

2020年4月17日の安倍総理の記者会見で、記者からの質問に対して世帯30万円から国民一律10万円になった経緯を述べていました。

もともと、安倍首相は国民一律10万円には否定的でした。国会で野党から一律10万円の提案があったとき根拠がわからないと言っていました。

自民党内や閣議でも30万円が決定したのに、それを覆して10万円になったのは、今までの中でも数えるほどしかありません。

表向きの理由は、緊急事態宣言が全国に出て、早く国民に10万円を届けるために制度を変えたということです。

本当の理由ではと噂されているのが、公明党などが連立を離脱するという脅しのカードを使ったから、安倍首相も、麻生副総理も考え直さないといけないようになったと言われています。

新型コロナウィルス対策で、安倍首相の力が急激に落ちていっている感じがします。

安倍首相が国民一律10万円をやると決めたらできると言うわけでもないようです。今後、自民党内で政調会議や委員会で議論をして、4月末頃に国会で審議して、最短で5月から支給申請が開始になる見込みです。

まあ、実際はもう少し遅れるかもしれません、また、申請をしてからも日程がかかりますからね。

まとめ

麻生副総理はコロナ対策で国民一律10万円について、自己申告制だと述べました。

それに対して、ネットでは、否定的な意見が多いです。

だけど、実際に国民が何らかの手続をしないといけないので、実質上あまり影響がないものと考えられます。

タイトルとURLをコピーしました