持続化給付金の振込入金(200万円や100万円)があったという声がたくさん!入金予定や入金時期について調査!

本日2020年5月8日、持続化給付金の200万円や100万円が振込で入金されたという声がたくさんツイッターで投稿されています。

本日から持続化給付金が振込まれると言われていましたが、現状がどうなっているか見ていきましょう。

持続化給付金の振込が5月8日より始まる

早ければ、2020年5月8日から持続化給付金の入金が始まると言われていました。そして、実際に5月8日の午前10時過ぎから満額入金されたという声がたくさん上がってきました。

100万円や200万円って売上で見ると大したこと無いけど、利益で考えるとかなり助かりますよね。業種によっては1000万円や2000万円かそれ以上の売上と同等とも言えます。

持続化給付金の入金済みの投稿がたくさん

個人でもしっかり満額獲得できている方が多いようです。

5月4日の申し込み分も持続化給付金の振り込みが始まっているんでしょうかね。

かなり迅速に振込が始まっていることがわかります。5月1日に申請受付があって、連休を挟んで5月8日の振込ですからね。一週間で振込がされたことになります。

政府からの振り込みがあると心理的にも全然違いますよね。力が湧いてきます。

持続化給付金の入金予定は申し込み順?

持続化給付金の振込があったという声が多数ある中で、反対にまだ入金がないと言う声もたくさんあります。

もし持続化給付金申請が番号順なら、初日で23000番くらいまでの振込ということになります。

ただ、ツイッターを見ていると、5月4日の申請で振込がされたという声もあるので、番号順だけではない可能性もあります。

持続化給付金の申請自体は40万件を超えているそうなので、申込みが後ろの方だと、2週間以上かかる可能性もあるかもしれません。

まとめ

持続化給付金の振込が始まったのは間違いありません。申請に問題がなかった方は、満額受け取っている方が多数おられます。

NHKの報道によると、今日は2万3千件の振り込みがある模様です。

そうすると、後の方で申し込みをされた方は、まだ入金にしばらく時間がかかりそうです。

完全に番号順で振込が行われているのかどうかは、今の所はっきりはわかりません。

追記

持続化給付金の不備メールは来るの?

本日の持続化給付金の振込で、1日に申請をしたけどまだ振込がないという情報もあります。その方たちの様子だと、持続化給付金の不備メールもないという声が多いです。

もしかしたら、審査において業種や、事業の継続年数などで審査スピードが違うのかもしれません。

ただ、地方の信用組合というのは無関係だと思われます。地方の信用金庫でも入金が済んでいるケースがあります。

不備があって、メールが来たという情報も

不備メールが来たという情報もあります。

なお、不備の有無の問い合わせを電話でしても、回答が得られないという情報があります。しばらく待つしかありませんね。

ちなみに、今のところ、土日に振込みがあるのかどうかは不明です。恐らくないと思いますが・・・

追 追記

持続化給付金11日に入金された人はどれくらい?

週が明けて11日になりました。8日に入金がなかった方は、今日の入金を期待されていた方が多いと思います。

ネットの反応を見ていると、今日の入金数は明らかに少ないように感じました。

だけど、少なからず入金があったと報告する人もいます。

今日も一定数入金はされたようですね。まだ、ニュースなどで何件入金したという報道は見つかっていません。

10万円の切り捨てなどを修正するとために、入金が遅れている可能性もあります。

また、仮に審査落ちの場合は、その通知も届くという情報もありました。

もうしばらく、気長に待つしかないですね。

追記 2020年6月11日

6月3日に申し込みをした中小企業が6月10日に入金されたという情報があります。1週間ですね。問題がなければ早いようです。

5月1日に申し込みをして、6月上旬でも振り込みがない方もいらっしゃいます。

また、赤枠の訂正がある方は、例えば、フリガナの「ー」など、入力しにくい間違いがあるようです。

また、持続化給付金は経済産業省が所管ですが、その発注で中抜があったのではないかという疑惑もあがっています。

おすすめ記事

1日申請はそろそろ振込まれのはず!

タイトルとURLをコピーしました