【10万円】生活支援臨時給付金(仮称)いつから始まる?対象者や申請方法は?

 新型コロナウイルス感染症の影響で非常事態宣言の地域が全国に拡大したことで、国民に1律10万円が支給される可能性が高くなってきました。

限定世帯に30万円の時は、「生活支援臨時給付金(仮称)」となっていたので、10万円でもこの名称が使われると予想されます。

※令和2年4月17日現在で判明している情報のまとめです。

生活支援臨時給付金に関するコールセンターの設置

  • 連絡先:03-5638-5855
  • 対応時間:9時00分から18時30分(土、日、祝日を除く)

10万円の給付対象は誰?

10万円の給付対象は、全国民に一律10万円ということが報道されています。

これは、公明党が強く主張したとの報道があります。1部報道では、10万円の一律給付を決断しないと連立政権をやめるとまで強く首相側に迫ったとも言われています。

所得制限を設けるか、設けないかで今後議論が起きる可能性はありますが、今の所10万円の給付対象は全国民のようです。

個人的には、裕福で余裕のある人には支給しなくても良いと思いますが。また、今後の税負担が大変になりそうです。

給付額

10万円

10万円の申請はいつから始まる見込み?

報道によると10万円支給の補正予算を、30万円支給の予算と組み替えるため、4月末の補正予算成立を目指すと言われています。当初は最短4月20日にもという事でしたが、少し伸びました。

つまり、最短でも5月初旬から10万円の申請が始まる見込みです。

10万円給付金の受給にはどのような手続が必要?どこに行けば申請ができる?

30万円のときの申請方法は、市町村に提出する方法でした。おそらく、10万円の支給申請も市区町村に提出することになるのでしょう。また、外出や3蜜を避けるため窓口に出向くのではなく、郵便や、ネットの申請の受付も考えられている模様です。

予測ですが、麻生政権のときの一律給付は、世帯主が一括して申請する方法だったので、今回も、それに準ずる方法ではないでしょうか?

申請後どれくらいで振込が開始される?

社会福祉協議会で20万円の貸付を受ける場合は、約1週間で振込がされています。

だけど、10万円はこの何十倍もの申請なので、もしかしたら数ヶ月時間がかかる可能性を見ておいた方が良さそうです。

今の政権の、できるだけ速やかには当てになりません。かなり遅れると思っておいたほうが無難な感じがします。

急ぎの場合は、社会福祉協議会の借入を検討すべきでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました